ニュース

【彦根市】今年70回目を迎える彦根大花火大会が中止に!!

 

今年で70回目を迎える「彦根大花火大会」ですが

今年の夏から開催されないことになりました。

さらに、50年以上の歴史があり、毎年2万人の人出がある

彦根ばやし総おどり大会」も。

二つとも毎年大人気のイベントなので、寂しいニュースですね。

 

彦根大花火大会について

 

知ってるよという人はスルーしてください。

 

彦根大花火大会は、毎年約5000発~1万発打ち上げられ

約13万人が訪れる人気の花火大会です。

2018年度は、約6000発。

滋賀県内の花火大会でも、「びわ湖大花火大会の次に人気

とも言われるぐらい。

 

View this post on Instagram

 

おゆみ◡̈⃝さん(@oyumi413)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

満月たつお 個展3月3日からさん(@ta2funk)がシェアした投稿

 

ちなみに2019年夏で70回目を迎える

歴史のある花火大会でもあります。

彦根ばやし総おどり大会について

 

彦根ばやし総おどり大会は

昭和35年に作られた新作民謡「彦根ばやし」にあわせて

商店街で市民らが踊るイベントです。

こちらも、50年以上の歴史を誇り

毎年2万人の人出があるビッグイベントです。

 

View this post on Instagram

 

Rieさん(@rie.ku9726)がシェアした投稿

なぜ中止に?

 

こんな報道がありました。

 

京都新聞さんの記事を要約すると

  1. 市役所本庁舎の耐震化や市民体育センター建設など大型事業の工費が想定外に膨らんだ
  2. 財源確保のため2019年度当初予算案でイベントへの支出の見直しに至った

ということですね。

 

 

  1. については、2024年に滋賀国体が開催されます。

滋賀国体の主会場となるのが彦根市です。

(1981年に行われた滋賀国体は大津が主会場でした)

滋賀国体で使用されるインフラ整備の工事

新市民体育センターの建設や市役所の耐震化工事

さらには陸上競技場の建設など

莫大にお金がかかってしまうみたいです。

なので両イベントは出来ないと。

 

もう一つ気になる記載があり

彦根大花火大会は、当面中断

彦根ばやし総おどり大会は廃止

とのことです。

 

この両イベントの中断・廃止による

財政効果は年1200万円になるという。

 

花火大会の再開も滋賀国体の会場が

完成後に検討するとのことなので

もうしばらく時間はかかりそうですね。

(予定では2022年の完成とのこと)

 

県民の声は

 

 

早く再開してくれることを願う

 

夏の風物詩といえば「花火」で

滋賀県に限らず、みんなが花火大会を

楽しみにしている人も多いはずだ。

 

長浜の花火大会も2011年に中止が発表された

縮小しながらも現在も続けている。

たくさんの課題があるとは思うが

どうにか続けていける道はないのかと

勝手ながらに思ってしまった。

 

いち早い再開を期待したいですね!

 

 

ABOUT ME
アバター
37hiro
LOMORE運営者 / 1990年組 / 生まれも育ちも草津市 / 地元の活性化に協力するため色々と模索中 / コワーキングスペースをやりたい / 更新しないブログもやってます