カフェ

10/3 八幡堀のほとりに「art cafe 氵(アートカフェサンズイ)」がOPEN!滋賀県の”茶”と”器”が思う存分楽しめるカフェ / 近江八幡市

 

2020年10月3日、近江八幡市に「art cafe 氵(アートカフェサンズイ)」がOPEN!

 

「art cafe 氵」さんは、滋賀県の”茶”と”器”が思う存分楽しめるカフェです。店内の作りから素材、そして器まで徹底的にこだわり抜き、本物の味が堪能できるお店になっています。

 

先に感想を言っておくと、ほんと素晴らしかった!

 

え、何が素晴らしかったって?

 

とにかく見ればわかるってよ。

↓↓

 

 art cafe 氵

 

お店があるのは、戦国時代に造られた人工水路「八幡堀」のほとりに佇むこちらの建物。もともとは、江戸時代後期に建てられたという住居兼畳問屋だった場所なんだとか。

 

見れば見るほど味のある建物です。入り口もめちゃくちゃ狭くてホントに隠れ家感がスゴイ。

 

 

 店内の様子

 

店内に入るや否や、見た目から圧倒されます。美しいの一言。

 

壁には、器や急須などの器が置かれています。カフェというより、美術館?って感じです。

 

こちらの家具は、昔から引き継がれているもの。美しい店内の中に、時代感じる家具が置いてあるってエモいですよね。(使い方あってますか?笑)

 

この家具の中には、たくさんの茶器が入っています。自分でいい茶器をチョイスして、飲むということもこのお店の楽しみ方の一つなんです。こんな楽しみ方が出来るお店ってなかなかないですよねー♪

 

こちらには、なんと何千年も前のペルシャ陶器も置かれています。もはやこれ見に来るだけで価値がありそう。ちなみにめちゃくちゃ高いらしいよ。

 

 メニュー

赤ちゃん番茶 800円

土山茶 おくみどり 800円

朝宮茶 在来ヴィンテージ 1,000円

政所茶 1,000円

日吉茶 1,500円

※全て和菓子セット

水出し 森の珈琲 700円

モカシダモ 700円

季節のスペシャリティ コーヒー 1,000円

リンゴジュース 700円

オレンジジュース 700円

ぺリエ 800円

 

 お茶がスゴイゾ!

 

滋賀県で採れた4種類のお茶を楽しむことが出来るのですが、実はラインナップが驚くほどに凄いんです。

 

なんといっても一番左の”日吉茶”。かの最澄が初めて中国から日本に持ってきたお茶の木が何本かだけ眠っていて、そこで密かに栽培されているもので市販には絶対に出回らないんだとか。とてもつもなく貴重な逸品です。そこまで言われると、絶対に飲んでみたい…(笑)

朝宮茶は2015年のヴィンテージ物だったりと、お茶へのこだわりがスゴイです。

 

 茶器もスゴイゾ!

 

そんな貴重で美味しいお茶たちを引き立たせてくれるのは茶器です。

 

先述した通り、自分で選ぶことが出来ますので、好みの物を選んでみましょう!茶器というと”堅苦しい”イメージがありますが、上の写真の様なオシャレなデザインの物もたくさんあります。

また分からなければお店の方に言えば教えてくださいますので茶器詳しくないよって方も安心です!

「毎回違った茶器を選んで、お茶を楽しむ」

なんてワクワクするお店なんだ!!

 

 

 さいごに

 

2020年10月3日、八幡堀のほとりにOPENした「art cafe 氵(アートカフェサンズイ)」はいかがでしたでしょうか?

 

毎回来るたびに気分に合わせて違う茶器で飲んでもらって楽しんでもらいたいですね。

とお店の吉田さんは話されていました。

 

まさにその通りで、滋賀県産の貴重なお茶が窘めるだけでなく、自分でチョイスした茶器でお茶が堪能出来るので、毎回違う雰囲気を楽しめそうです!置いてある茶器も高級なものがあったりと、アートとして見るのもいいですよね!

また来たい!

そう思わせてくれるお店でした!

 

是非、皆さまも足を運んでみて下さいね!

 

[八幡堀で楽しむ水郷巡り!満開の桜は圧巻です!]

[近江八幡市-八幡堀]戦国時代に造られた水路を船で巡る「水郷めぐり」をレポート! 近江八幡市には、戦国時代に作られた、長さ6kmの人工水路があります。 それが「八幡堀(はちまんぼり)」です。 ...

 

 アクセス、お店の情報

 

住所滋賀県近江八幡市玉屋町6
営業時間12:00〜16:00
定休日
駐車場なし(※近隣のコインパーキング、八幡堀の駐車場)
お店のInstagramhttps://www.instagram.com/art.cafe_sanzui/

 

 

 

 

 

こちらもよく読まれています!