ブラックバスは食べられないの概念が覆る。「BIWAKO DAUGHTERS」のブラックバスバーガーを食べたら驚くほど美味かった / 野洲市

皆さま、ご存知かと思いますが琵琶湖はブラックバスの宝庫。ブラックバスが増えたことにより、在来種の魚たちを食べて減ってしまうので、国は特定外来生物に指定し駆除を行っています。

ブラックバスって、最近でこそ調理するお店は増えてきてるらしいのですが、なかなか消費者は手を出すのを拒んでしまいます。やっぱり臭いっていうイメージがあるから。

自分もその一人だったんですが、今回野洲市吉川にある「Biwako Daughters(ビワコドーダーズ)さんのブラックバスバーガーを食べて「ブラックバスは食べられないしマズイ」という概念は消え去りました。

滋賀県民だからこそ、ぜひ一度は食べてみてほしい。

もくじ

Biwako Daughtersがある場所

お店があるのは、野洲市吉川。野洲市の湖岸沿いから、少し中に入ったところにあります。

「祖母から母へと受け継がれてきた味を残したい!」という思いからOPENされました。琵琶湖で漁師をやっておられるので、漁でとれた食材を使用して「鮒ずし」や「佃煮」などの昔ながらの商品から、「地元の食材を使用した新しい料理」まで多種に渡って販売されています。全てが琵琶湖産の魚介類になります!

早速店内へ

ということで、入店。琵琶湖産の商品がたくさん並んでいます!

滋賀と言えば「鮒ずし」。また「ふなずしサンド」なんてのもあります。

ここからは気になる商品をいくつかご紹介いたします。

琵琶湖のピッツァ

「すじえび」と「しじみ」を食材に「トマト」「みそ」「ふなずし」の3種類があります。

琵琶湖のえびパン

パン生地にも、えびを混ぜて、更にえびのかき揚げと大葉をサンド。

琵琶湖の蒸しチキン

チキンをただただ蒸してるわけではありません。なんと「鮒ずし」のご飯に一晩漬けているとのこと。そうすることにより、柔らかく、味わい深くなるんだとか。 鮒ずしの匂いも移ってなく気になりません。

うなぎサンド

うなぎの漁獲量が減っている中で、近年琵琶湖産のうなぎが話題になっています。そんな琵琶湖で獲れた「肉厚のうなぎ」をサンドし、秘伝のタレをたっぷりかけた究極の一品。絶対美味いやつやん。

なまずBURGER

なまずって食べられるの?と思われる方も多いのですが、「なまず料理専門店」が出来るぐらいポピュラーな食べ物になりつつあります。こちらでも、琵琶湖産のなまずフライタルタルソースをかけたバーガーとして販売されています。

 琵琶湖のめろんぱん

外が黒いのは、ブラックココア。中には、練乳クリームと麹の効いた鮒ずしの飯がブレンドされたものが入っています。

ブラックバスバーガーを食べてみた

今回の目的は、「ブラックバスバーガー」を食べること。僕も昔はよく釣りをしていたので分かるのですが、ブラックバスはとにかく匂いがキツイですよね。調理するのは難しいとも聞いていたんですが、このバーガーを食べて「ブラックバスは食べられない」という概念は覆ることになりました。

スモークタルタルブラックバスサンド(550円)

パッと見た感じは、白身フライにタルタルソース。ここに地元野菜がギッシリ詰まっています。

これがブラックバスだとは、とても思えないですね。もちろん臭みなんてものは皆無。

ということで早速一口食べてみると、「ん、これがブラックバス!?」と思っちゃうほど、全く臭みもない弾力のある白身魚です。またレタス、パプリカ、タルタルソースとの相性もバッチリで、めちゃくちゃ美味しい。

いい意味で大きく期待を裏切られてしまいましたね。こんなにブラックバスが美味しいとは…

これが滋賀県のご当地グルメとしてポピュラーになれば、経済的にも環境的にもいい方向に進むのではないでしょうか。

さいごに

多種に渡って、”琵琶湖の美味しい”を食べられる「Biwako Daughters」さん。

滋賀だけでなく、もっと多くの人に広がってほしい!と思う素晴らしいお店です。

食べれていない商品もたくさんあるので、また足を運んでみようと思います!

皆さんも騙されたと思って、一度食べてみてください!

アクセス、店舗情報

※営業時間等の情報は掲載時のものになります。

[店名]Biwako Daughters
[住所]滋賀県野洲市菖蒲230
[営業時間]9:00-17:00
[定休日]水曜日
[駐車場]店前に3~4台
[お店のHP・SNS]HP・Instagram

よかったらシェアしてね!
もくじ