祭り

[紫式部も楽しんだ石山寺から見る十五夜]中秋の名月とライトアップが幻想的な秋月祭へ行ってきた!!

 

2019年9月13日は中秋の名月。

大津市 石山寺では9月13、14日で、恒例の秋月祭が開催されました。

 

石山寺は、月の名所として知られ、「石山の秋月」は近江八景のひとつにもなっています。また紫式部が、石山寺から湖面に映える十五夜を眺めて「源氏物語」の構想を練っていたとも伝えられています。

そんな紫式部も楽しんだ石山の秋月を見に「秋月祭」へ行ってきました!!

素敵な空間だったなあ…..

 

 石山寺 秋月祭

 

秋月祭は、9月13、14日の二日間開催され、2000個のグラスキャンドルや行燈で境内がライトアップされます。また源氏物語に関連した催しや楽器コンサートなども行われ、たくさんの方で賑わいます。

行燈で照らされた参道を歩く

 

 

 ライトアップされた境内

 

本堂下では、たくさんのグラスキャンドルが照らされて、秋夜を幻想的な空間に。

 

 

帰る頃には、上からひょっこりお月さんが姿を見せていました!!

 

 竹灯籠展示がスゴすぎる

 

竹に穴をあけ作る明かりを灯す「竹灯籠

様々なデザインの竹灯籠が約50種類も展示されていました。

 

これが本当にすごい!!

一つ一つの完成度が非常に高くビックリ!!

 

灯されることで浮かび上がってくる図柄は、とても素敵でずっと見ていられるような空間でした。

 

 月見亭と満月を眺める

 

1156年頃に建立された月見亭。「近江八景 石山の秋月」にも描かれており、この場所から眺める月がとても美しい!!!

 

 

とみるみるうちに、お月さんが上がっていきます。月見亭越しに見えるこの満月も、なんとも言い難い美しさです!!紫式部も、この眺めを楽しんでいたのでしょうね♪

グーっとズームアップしてみました。ウサギはいません(笑)

 

 

 お月見だんごを楽しむ

 

石山寺の外では「叶匠寿庵」さんが団子を出されていたので、もちろん購入♪

味は、言うまでもなく「ウマ~」です!!

みたらし団子
栗餡の月見だんご
満月を眺めながら食べる人で賑わっていました♪

 

 さいごに

 

天候にも恵まれて雲がなかったので、綺麗な満月を見ることが出来ました。

また境内の演出も素晴らしく、とても素敵だったと思います!!!

日本っていいなあと感じる時間でしたね~♪

 

今年行けなかった!!という方は、是非来年に足を運んでみてくださいね♪

ABOUT ME
アバター
37hiro
LOMORE運営者 / 1990年組 / 生まれも育ちも草津市 / 地元の活性化に協力するため色々と模索中 / コワーキングスペースをやりたい / 取材に行かせていただける方おられましたらご連絡くださいませ!お店を紹介させてください!/
こちらもよく読まれています



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!