夏の高校野球”滋賀県予選”が7月7日からスタート!高校球児が繰り広げる熱い戦いを見に行こう!

 

高校球児が熱い戦いを繰り広げ、聖地「甲子園」を目指す夏の高校野球。滋賀県の予選も2019年7月7日よりスタートしています。

というわけで、今回は彦根球場へ高校野球を見てきました~。

 

高校生の頑張る姿っていいですよね

 

 滋賀県立彦根球場

 

国宝「彦根城」のすぐそばに位置する滋賀県立彦根球場。普段は独立リーグや少年野球などで、たくさん使用されている場所です。

 

こちらで入場券を購入します。

大人900円

高校・中学生300円

 

高校野球の地区予選を見に来たのは、何年ぶりだろうか?

 

 第101回全国高校野球選手権大会 滋賀県大会

 

2019年7月7日に大会がスタートした滋賀県大会。総勢49チームが14日間の暑い戦いを繰り広げます

出典:びわ湖放送

 

シード校は「近江」「綾羽」「彦根東」「滋賀学園」の4校。

特に近江は昨年の甲子園経験者で好選手が揃っています。また今年の6月の近畿大会も各県の強豪たちに勝ち抜き、16年ぶりの優勝を決めており優勝候補と言われています。

とはいっても、そうは簡単にいかないのが高校野球です。前評判通りに行くのか、波乱を起こすのか、非常に楽しみな滋賀県大会になっています。

 

 高校球児の熱い戦い

 

観戦日は、第1試合「八幡商業vs甲西」第2試合「草津vs愛知」の2試合が行われました。最後まで見たかったんですが、時間の都合上第1試合の途中までしか観れなかったので残念。

甲子園出場経験のある伝統校同士の対決

甲西高校 川端駿介投手

まだ2年生の好投手

八幡商業 堀晃大投手

こちらも2年生!素晴らしいボールを投げてました。

甲西高校が7、8回の終盤に逆転し初戦を突破。

 

 大会は7月26日まで!

 

夏の甲子園を目指して、暑い戦いを繰り広げる滋賀県予選は7月26日までです。会場は彦根球場だけでなく、大津市の皇子山球場でも行われますので、会場に足を運んで高校球児たちの雄姿を見に行きましょう!

 滋賀大会 日程表

[blogcard url=”https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/sensyuken/2019/chihou/shiga/tournament.html”] [/blogcard]

 

 会場へのアクセス

 

[皇子山球場]

皇子山球場には高校野球観戦用の駐車スペースはありませんので、公共交通機関をご利用下さい。

[県立彦根球場]

駐車場あり(無料)

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする