2021年10月にオープン。”うどんと韓国チキン”が食べられる「うどん窪田」でカレーうどんを食べてみました / 東近江市

ども~、ロモア編集長”なんちゃん”です。

本日は東近江市垣見町にある「うどん窪田」さんにやってきました。

「うどん窪田」さんは、2021年10月にオープンしたうどん屋です。また2022年2月からはフライドチキン専門店「クリスピーチキン アンド トマト」さんとのコラボを開始されたということで、うどんだけでなく今流行りの韓国チキンを食べることも出来ます。

もくじ

うどん窪田がある場所

そんなお店があるのは、東近江市垣見町。JR能登川駅から歩いて2~3分と、アクセスは非常に良好です。

こちらの場所には、以前「茶袴」という定食屋さんが入っていました。長らく営業されていたので、地元の方だと馴染み深い方が多いのではないでしょうか。

[個人的に好きな滋賀のうどん屋さん]
普通サイズで2玉分?『自家製麺本格さぬきうどん亀楽屋』の「とり天ぶっかけ」が超美味しかった / 甲賀市
8/2 『手打ちうどん ヤマエ』がオープンしたので行ってきました!週末は朝うどんも / 大津市
全てが”完全手仕事”のうどん店『手打うどん 虹や』の「天ぷらぶっかけうどん」 / 大津市

うどん窪田の店内とメニュー

カウンターとテーブル席で10席ほどと、こじんまりとした店内。

メニューは以下の通り。オススメは「ぶっかけうどん」とのこと。ちなみに以前は、とり天や海老天などもあったそうですが、今はその部分が韓国チキンに変わった感じですね。またうどんはランチのみの提供となっています。

そしてチキンの種類がかなり豊富でした。こちらはテイクアウトもやっておられるそうです。

フォローよろしくお願い致します!
▷Instagramのメインアカウントでは滋賀のグルメや風景を(ここから
▷サブアカウントでは滋賀のグルメや風景をまとめて投稿しています(ここから

チキンカレーうどんを食べてみる

というわけで、今回は「チキンカレーうどん」を食べてみました。お値段は、1,100円になります。

カレーうどんの中には、オリジナルチキンがごろごろと。一つ一つが大きめのサイズで、非常にボリューム感があります。

スープは、どちらかというとカレースープに近い感じでしょうか。チキンの甘めの味付けがスープに溶け込んでおり、本来のカレーうどんの味といい具合に混ざりあい、非常に美味しく飲みやすいスープになっています。

うどんは極太でモッチリ。歯応えは抜群で、お店オススメの”ぶっかけうどん”に合いそうな麺です。先述した通りこちらのカレーうどんはサラっとしたスープなので、そんなに絡み合う感じはありません。

そしてこのオリジナルチキンは、揚げたてということで外はサックサクで中がジューシー。こういったチキンは単品で食べるのが主流となっていますが、こうやって合わせて食べてるのもとっても美味しいんですよ。大きめサイズのチキンが5つも沈んでいることもあって、結構お腹いっぱいになりました。

次は、「ぶっかけうどん」を食べてみようっと。

うどん窪田さま、ご馳走様でした!

さいごに

今回の記事を簡単にまとめてみると

①2021年10月にオープンしたうどん屋さん
②2022年2月からはフライドチキン専門店「クリスピーチキン アンド トマト」さんとのコラボを開始
③うどんだけでなく、流行りの韓国チキンを楽しめる
④カレースープにチキンの味が溶け込んでいる”カレーうどん”は美味しい
⑤JR能登川駅から徒歩2分ほどとアクセスも良好
⑥うどんはランチのみ。夜はチキンとお酒を

といった感じでした。

気になった方は、是非足を運んでみてくださいね!

お店の情報

[店名]うどん窪田
[住所]滋賀県東近江市垣見町765-6
[営業時間]11:30~14:00 16:00~22:00
[定休日]火曜日
[駐車場]なし(近隣のコインパーキング)

よかったらシェアしてね!
もくじ