暮らし

コハクチョウを見よう!12月7日から「草津水鳥観察所」がスタートしています!

 

琵琶湖には、冬になるとたくさんの水鳥が!

見たことがある方も多いのではないでしょうか?

 

シベリアからおよそ4500kmを飛来してきて、草津の湖岸で越冬するんです。

そんな水鳥たちを観察しようと、12月上旬から2月末頃までは、湖岸緑地公園の志那で「草津水鳥観察所」が設置されます!

県外からも、毎年たくさんの方が訪れる人気スポットです。

 

貴重で凄い数の水鳥が見れますので、一度見に行ってみてはいかがでしょうか?

 

 草津水鳥観察所

 

草津水鳥観察所があるのは、湖岸緑地公園「志那1(北)」。こちらの観察所はボランティアの「琵琶湖草津湖岸コハクチョウを愛する会」の方々が設営し、水鳥の観察や説明などを行ってくれています。

 

観察所には琵琶湖に生息している水鳥や、当日いる水鳥も表示されますので、全く知らない方にも優しく、非常に分かりやすいですね。

 

琵琶湖には、たくさんの水鳥が!!

 

水鳥にも、こんなにたくさんの種類があるとは!

双眼鏡を持ってきておくと、ガッツリみられると思いますよ~!

 

ちなみに私がいる間、水鳥たちは琵琶湖の中でしたが、岸に上がってきてくれることもあるそうです。

 

2月ぐらいまでは見られると思いますので、是非行ってみてね~♪

湖岸は、特に寒いので防寒対策はしっかりしておきましょう!

 

 アクセス、その他情報

場所湖岸緑地公園 志那-1(北)
料金無料
駐車場あり

 

 

ABOUT ME
37hiro
LOMORE運営者 / 1990年組 / 生まれも育ちも草津市 / 地元の活性化に協力するため色々と模索中 / コワーキングスペースをやりたい /
こちらもよく読まれています!