クラウドファンディング

「小6にして人気パティシエ!」場面緘黙症の”みいちゃん”が挑戦するお菓子工房オープンへの道。

 

皆さんは、場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)という障害をご存知ですか?

家庭などでは話すことが出来るのに、社会不安のために、ある特定の場面・状況では話すことが出来なくなる」精神障害の一種です。

そんな場面緘黙症と戦いながら、お菓子工房を開こうと挑戦している小学校6年生がいます。

杉之原みずき(みいちゃん)さんです。

 

みずきさんは、重度の精神障害を持って生まれました。極度の不安障害で、自分の体が自分の意思で動かすことが出来ません。唯一出来るのが息をする事、眼球を動かす事。学校に行っても、極度の不安状態から1日飲まず食わずで過ごすこともあったんだとか。

 

そんな、みずきさんに転機が訪れます。ご両親が、社会から閉ざされてはいけないとスマートフォンを渡します。そこに「料理やお菓子のレシピが検索できるアプリ」を入れてあげたところ、そこから人が変わったようにお菓子を作るように。

そしてその半年後には、ここまでのケーキを一人で作るまでに!

普通にケーキ屋で売っているのと変わらないレベルです。

 

今では、4万人のシェフ、パティシエ、一般の方が投稿する「foodion」という食のアプリで、スイーツ菓子部門「世界1位」に輝くほどの腕前に。更には近江八幡市で不定期のスイーツカフェを開催しており、開店と同時に満席になるほどの人気になっています。

みずきさんの作るケーキ。めちゃくちゃ美味しそう!

 

[実際にカフェでケーキを購入してきました]

「みいちゃんのお菓子工房」話題のケーキを食べてきた![クラウドファンディング実施中]場面緘黙症の小6「みずきさん」の「みいちゃんのお菓子工房」へケーキを買いに行ってきました!小学6年生が作るとは思えない、見た目と美味しさが味わえるケーキでした。...

 

そんな、みずきさんには新しい夢が出来ました。

パティシエになってみんなを笑顔にしたい。いつか自分のお店を持ちたい」という夢です。

最初は「いつか持てるといいね」くらいの気持ちで、お店を持つのは夢のような話でしたが、自分の夢を追いかけるために、独学でスイーツを勉強し、腕をどんどん上げていき、今では「お店を持つ」という夢も強いものになってきました。

 

そして!!まもなくその夢が叶おうとしています。

「みいちゃんのお菓子工房」が2020年プレオープン予定!

場所は、滋賀県近江八幡市内。2020年4月からは養護学校に通う為、週末のみの営業となります。家族は「家計を支えるため、工房のローンを支払うため」にフルタイムの仕事をしながらサポートされます。

 

今回その夢を叶えるために「MaKuaKe」にてクラウドファンディングを実施されています!

みずきさんの「お菓子工房をオープンする」「パティシエになってみんなを笑顔にする」という夢。

そして「障がいを持った子供達の将来を悩むご家族へハンデである子供達が持って生まれた可能性を伝えたい」という想い。

これに共感して応援したいと思った方は、是非「MaKuaKeにて支援しましょう!

店舗新設の費用、厨房設備導入費用の一部」に充当されます!

 

↓↓↓↓

 

※リターン内容に関しましては、HPにてご確認ください。

 

2019年11月19日現在、既に872,000円が集まっています!

 

 

[みずきさんが作っているケーキやお菓子はSNSから見ることが出来ます]

みいちゃんのインスタグラム

みいちゃんのお菓子工房 インスタグラム

みいちゃんのお菓子工房 フェイスブック

 

 

 

ABOUT ME
37hiro
LOMORE運営者 / 1990年組 / 生まれも育ちも草津市 / 地元の活性化に協力するため色々と模索中 / コワーキングスペースをやりたい /
こちらもよく読まれています!