クラウドファンディング

かるたの聖地「近江勧学館」が存続の危機!クラウドファンディング実施中です!

 

 

「名人位・クイーン位戦」また「小倉百人一首競技かるた全国高等学校選手権大会」などさまざま試合のメイン会場として使用される”かるたの聖地”「近江勧学館」

 

競技かるたを題材とした世界的な人気漫画『ちはやふる』の中にもたびたび描かれており、全国からちはやふるファンが巡る場所にもなっています。

 

[近江神宮の紹介記事はこちらから]

かるたの聖地!ちはやふるの舞台にもなった近江神宮へいこう! / 大津市 全国高等学校野球選手権大会の聖地と言えば「甲子園」 そして、全国高等学校ラグビーフットボール大会の聖地と言...

[近江勧学館の紹介記事はこちらから]

[かるたの聖地]近江勧学館で”ちはやふる”巡り! 前回の続きになります。まだお読みになられていない方はこちらから。 https://lomore.net/chiha...

 

そんな「近江勧学館」が、現在クラウドファンディングを行っています!

 

内容は以下の通り。

本プロジェクトでは、近江勧学館内の畳の張替えにかかる費用、350万円のご協力を募っております。コロナが終息し、以前のように再び競技かるたの試合が行えるようになったとき、選手のみなさんに気持ちよく試合に臨んでいただきたい。またこの機会を通じて一人でも多くの方に、近江勧学館や近江神宮、歴史文化を残す滋賀県大津の魅力、また日本の伝統競技である競技かるたに興味をお持ちいただけると大変ありがたく思います。

なお、現在使用している畳につきましては、入れ替え後も保管し、夏の高校選手権大会等において別会場を設営する際に使用することにより、大会の経費削減にも役立てたいと考えています。

 

 

コロナウィルスの影響によって大会等が中止になり、財政的に非常に厳しい状況になっているとのこと。そこで畳替えにかかる費用を捻出することが難しくなってしまい、クラウドファンディングにて支援してほしいとのことです。

 

素晴らしい施設だと思うので、もしもコロナのせいで潰れてしまう事があろうもんなら、滋賀県としても大きな痛手になります。

存続の為に、皆で支援していきたいですね。

 

クラウドファンディングのリターンもかなり贅沢になっています!

詳細は募集ページをご覧ください!

こちらもよく読まれています!