インスタ映え

[明智光秀が眠る場所」”大河ドラマ「麒麟がくる」の舞台”天台真盛宗総本山 西教寺を行く

 

大津市日吉大社から北に20分程度歩くと、天台真盛宗総本山「西教寺」があります。

聖徳太子が創建したと伝えられ、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公である、明智光秀一族のお墓があることでも知られている由緒あるお寺です。

 

 大河ドラマの未来の聖地

 

JRの最寄りの駅は湖西線の比叡山坂本駅です。

比叡山坂本駅を出ると、早速来年の大河を意識した大きなのぼりがありました。

坂本の町をあげて、坂本城の城主である明智光秀を盛り上げているようです。

 

西教寺に着くと坂本城から移築されたとされる総門が出迎えてくれます。

ここでもしっかりと明智光秀PR。来年に向けて盛り上がるといいですね。

 

 [絶景ポイント]宗祖大師殿

 

総門をくぐって緑あふれる参道を行くと、左に宗祖大師殿があります。

そこから見る琵琶湖は絶景そのもの。

瓦の美しい宿坊を眼下に琵琶湖が見渡せます。

はるか室町や江戸から続く、日本の良き変わらぬ景色ですね。

 

 明智一族のお墓

 

さらに階段を上っていくと、明智光秀一族のお墓がありました。

 

歴史上悪名高い「比叡山焼き討ち」を織田信長に命じられた明智光秀は、比叡山延暦寺の焼き討ちを決行します。

その際に西教寺も壊滅したそうですが、その贖罪からか坂本城主として西教寺を庇護・寄進し、現在の姿にまで復興したと言われています。

その関わりから西教寺は明智家の菩提寺となり、一族の墓を守っているのです。

 

 本堂

 

明智光秀一族の墓の横に、西教寺本堂があります。

 

この本堂に入るには拝観料がいるのですが、御本尊である阿弥陀如来坐像は一見の価値ありです。

残念ながら写真は禁止のために掲載は出来ないのですが、阿弥陀如来像だけでなく、周囲を飾る装飾の数々が、仏教芸術の粋を集めていて美しい別世界が広がっているようでした。

 

 書院・本坊・客殿

 

そして本堂の奥には、書院・本坊・客殿など歴史のある建物が並んでいて、それらが渡り廊下でつながっています。

まるで迷路のように入り組んでいて、そこから見えるそれぞれの庭が特徴のある日本庭園になっています。

これらの庭を見るためだけでも西教寺に来る価値がありそうです。

 

 

 

さらに曲がりくねった渡り廊下を歩いていると、客殿の特徴のある客間を見ることが出来ます。

客殿は豊臣秀吉の伏見城にあった旧殿が移築されたもので、質素で落ち着いた桃山様式を伝える重要文化財となっています。

いくつもある、各客間には美しい襖絵が施されており、かの「狩野永徳」の筆による絵もあります。

残念ながら客間も撮影禁止のため、是非、ご自分の目でご覧下さい。

 

 拝観料とアクセス

住所滋賀県大津市坂本5丁目13−1
電話番号077-578-0013
時間9:00~16:30

 

 拝観料

 

拝観料は500円です。

ただ通常の神社やお寺の拝観料は、境内の入口にあることがほとんどですが、西教寺は最も奥にある本坊にあります。

このため建物の中に入らなければ、ほとんどが無料で見る事ができます。

駐車場も無料ですので、見どころや規模の割にとても訪れやすいお寺です。是非、一度、訪問してみて下さい。

 アクセス

 

JR「比叡山坂本駅」からバスで10分(「西教寺」下車徒歩すぐ)
JR「比叡山坂本駅」から徒歩で30分
京阪電車「坂本駅」からバスで4分(「西教寺」下車徒歩すぐ)
京阪電車「坂本駅」から徒歩で25分

 

ABOUT ME
アバター
borio
.
こちらもよく読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!