レジャー施設

6/27にリニューアルする『滋賀県立美術館』の潜入レポ。4年の休業を経て滋賀色の強い美術館に大変貌!

 

 

 

滋賀県立近代美術館から滋賀県立美術館へ。コンセプトは、かわる かかわるミュージアム

 

1984年、大津市瀬田南大萱町(びわこ文化公園の文化ゾーン)に開館した「滋賀県立近代美術館」

近代日本画・郷土ゆかりの美術・戦後アメリカの現代美術などを中心として展示しており、中でも日本画家の”小倉遊亀”や染織家の”志村ふくみ”のコレクションは国内随一を誇っています。

そんな滋賀県立近代美術館ですが、現在は改装工事のため2017年の1月から休館しています。

 

 

そしてこの度、2021年6月27日にリニューアルオープンが決定しました!

「滋賀県立近代美術館」という名称から「滋賀県立美術館」に変更しての新たなスタート。

果たしてどんな施設になるのだろうか?

 

今回記者会見と内覧会が行われましたので、そちらの様子をご紹介いたします!

リニューアルして出来るのは、”地元滋賀色が強く、創造・問いかけ・地域・学びを発信する”新しい形の美術館である。

 

 滋賀県立美術館のコンセプト

 

新しく出来る滋賀県立美術館のコンセプトは「かわる かかわるミュージアム」

人がつくった様々なものに触れることを通じて、社会や環境の多様性をより深く感じられる場所をつくること”をミッションにしています。

その為に時代や傾向を限定することになる「近代」を館名から外しました。

左から原田祐馬氏(UMA/design farm代表)保坂健二朗氏(館長兼ディレクター)服部滋樹(graf代表)

 

 

また上記のミッションを実践するために以下のことを行う。これらの4つ(CALL)を軸にして、変動していく社会に対して柔軟に”かわりながら かかわわり“続けて、「常にフレッシュなミュージアム」というモデルを滋賀から発信していきます。

 

 創造(Creation)と問いかけ(Ask)

 

滋賀を中心に、プロのアーティストだけでなくたくさんの方の活動に寄り添い、障害のあるなし、またジェンダーバランスにも留意しながら創造(Creation)の場を支えていく。

その上で「アートって人間にとってなんなんだろうか」という問い(Ask)を考えたくなるような展示を実施し、これまで以上にユニークなコレクションを作り上げていく。

 

 地域(Local)と学び(Learning)

 

滋賀っておもしろい!」と皆が言いたくなるように、県内の個人や企業・団体の協力を得ながら、地域(Local)の多様な魅力をリサーチして広く発信します。

また県民を中心に子供から大人まで、またビギナーから学者まで、ユニバーサルの理念のもと学び(Learning)に貢献するプログラムを実施します。

 

 

 美術館は新たなロゴマークに

 

美術館のロゴマークも一新!

[VI・グラフィックサイン計画]UMA/design farm

 

美術館の大きな屋根のような三角形を組み合わせて「M」と「S」のような形を作り、水の上で飛び跳ねる魚や飛び立つ鳥の形をイメージしています。

また湖に飛び込むように地域に入り込み、様々な人たちと広くコミュニケーションしていく姿を現しています。

 

 

 以前の美術館と何が変わったの?館内紹介

 

では以前の美術館と何が変わったのか?気になる人も多いはず。

まだ工事中ということもあって完成はしていませんが、何点かご紹介したいと思います。

 

 館内のあらゆるところに信楽焼が

 

まずは入ってすぐのところにあるこちらの案内サイン。これはなんと特注で製作したという信楽焼だ。信楽を拠点とする「NOTA&design」が作り上げた。

 

また照明部分も「NOTA&design」が製作した信楽焼になる。他にもベンチやカフェ部分のタイルなどさまざまなところで使用されており、滋賀のものづくりを感じられる仕様になっています。

 

 

 作品の魅力をより楽しめるように

 

各展示室の内装・天井・照明などが、「作品をより楽しめるように」と工夫されリニューアルされています。

まず展示室によって「フローリング・クロス・天井」を変えている。これは作品ごとに合った雰囲気を演出する為だ。また照明は全てLED可されており、作品ごとに色温度も調整される。

主に日本画や工芸などの展示を行う

 

 

他にも快適に鑑賞を行う為に低反射加工の壁面ガラスケースを使用したり、スポットライトの導入などがされていたりと細かい部分までこだわりを感じる。

主に現代美術の展示を行う

 

 

 みんなに優しく使いやすい

 

今までは和式トイレだったという各トイレも全面改修。キッズスペースや授乳室のあるファミリールーム、また親子で使えるファミリートイレなんてのも新設されています。

しかもファミリールームはめちゃくちゃ広い。お子さんや家族連れ方には非常に助かるのではないでしょうか。

 

 ロビー内にはカフェ&ショップを設置

 

エントランス・ロビー周辺を出会いや交流の場となる「ウェルカムゾーン」と位置付けており、そこにはカフェ&ショップも設置されます。他の美術館にはないであろう”入館すると珈琲の香りが漂っている”といったくつろぎのある美術館を目指しています。

 

 居心地が良いキッズスペース

 

2階部分はキッズスペースとなっている。こちらは琵琶湖の形をデフォルメしたというくつろぎスペース。

 

 

大人でもゆっくりくつろげる場所になっており、今後は本が置かれたりと”自宅のリビングの様に”居心地の良い場所を目指している。

 

 ラボやポップアップギャラリーも

 

県内作家等が小規模な展示を行えるポップアップギャラリーや

 

少規模な展示・イベント、また交流が生まれるラボ(多目的スペース)も完備。

展示された美術を楽しむだけでなく、こちらからは様々なものが生み出されそうです。

 

 各所で休憩できるスペースが

 

美術館とかってずっと歩いてると疲れることがありますよね。館内の各所には、ソファ・椅子・テーブルなどが設置されており気軽に休憩することが出来ます。

 

こちらのソファスペースからは素晴らしい景色も。ずっと座っていたくなる場所です。

 

 エントランス前ではイベントも

 

まだ工事中のエントランス前。ここにもテーブルやベンチが設置されるそう。またイベントの開催も行われるようで、こちらも非常に楽しみです。

 

 滋賀色が強い

 

メインビジュアルの撮影には滋賀県出身の写真家「川内倫子」氏を起用。

 

 

また滋賀県立美術館のPVには滋賀県出身の音楽家「世武裕子」氏を起用するなど、広報部分でも滋賀色が非常に強い。県民としては非常に親しみやすい部分だ。

 

 第一弾は滋賀にゆかりある若手作家による展覧会

 

今後開催されるプログラムも決定しています。

まずOPENする6月27日~8月22日までの第一弾を担うのが、滋賀県にゆかりある12名の若手作家による展覧会だ。

タイトルは「Soft Territory かかわりのあわい

「コミュニケーション」をキーワードに新作を制作し、美術館全体をつかった展覧会でガラス・石・糸や写真など、枠に囚われない様々な表現が展開されます。

その他の詳細は公式HPからご確認ください。

 

 6月27日が待ち遠しい

 

というわけで今回は2021年6月27日に4年の歳月を経てリニューアルオープンする滋賀県立美術館のご紹介でした。

 

 

私が館長のお話を聞いて思ったのは、「ただ単に美術品を展示する」美術館ではなく、”クリエイターの創造”、”地域との交わり方”、そして”学びを大事にする”といった様々なことにフォーカスした素晴らしい場所になっていきそうだなと感じました。

びわこ文化公園ではお子さんを遊ばせている光景をよく目にします。そういった方々にも、OPENしたら是非とも足を運んでみてほしいです。

美術・アートに興味はなくてもきっと新しいことが見つかるはず。

リニューアルオープンまであと2か月!楽しみだ!

 

 周辺グルメ情報

 

滋賀県立美術館の周辺グルメ情報

 

[徒歩2分!滋賀県立図書館内にあるカフェ ”cafe franky”]

滋賀県立図書館の中にあるカフェ「Cafe Frank’y」のチーズハンバーグが美味い! / 大津市大津市瀬田の「びわこ文化公園」内にある滋賀県立図書館。「この周辺でランチないかな~?」と探していたところ、なんと滋賀県立図書館の中にあるのを見つけた。というわけで今回は滋賀県立図書館の中にあるカフェ「Cafe Frank’y (カフェフランキー)」さんをレポしていきます!...

 

[車で7分!コスパ抜群。新鮮な海鮮が食べることが出来る ”海鮮丼 まぐろ家”]

[大津市-海鮮丼 まぐろ家]公設市場内に6月OPEN!!新鮮な絶品海鮮丼が食べれるお店[コスパ最高] 滋賀県大津市にある「公設地方卸売市場」 ここは青果や水産の卸売市場で、スーパーなどの小売り、飲食店などが買い付けして、私た...

 

 

 施設情報

施設名滋賀県立美術館
住所滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1
営業時間9:30〜17:00
休館日毎週月曜日
年末年始
料金[常設展]
一般 / 540円
高校・大学生 / 320円
中学生以下・65歳以上・身体障害者手帳等をお持ちの方は無料
[企画展]
展覧会によって異なりますのでHPをご参照ください。
[年間パスポート]
一般 / 2,400円
高校・大学生 / 1,500円
小・中学生 / 1,000円
駐車場あり
公式HP・SNSHP
Instagram

 

こちらもよく読まれています!