刀削麺も美味い!中国人店主が作る中華料理が食べられる『コンさんの餃子』 / 大津市⁡⁡桜野町


こんちはー!⁡滋賀のグルメメディア「ロモア」の”なんちゃん”です!⁡⁡

大津市桜野町。大津京駅から徒歩10分の住宅街に面白い中華料理屋を発見した。

それがこちらの「コンさんの餃子」。

「いや、どこにあるの?」と思うかもしれないが、お店は普通に生活されてる一軒家の中。

これは注視しないと絶対に気づかない。笑

そんな隠れ過ぎてる中華料理屋では、餃子、豚まん、刀削麺を中心に、予約制で牛ハチノス鍋やアヒルの醤油煮なんてちょっと変わった料理も食べられるんです。

もくじ

お店があるのは、大津市市桜野町。大津京駅から歩いて5分のところで、住宅街の一角にあります。

リカーマウンテン西大津店のすぐそば。看板が出ていたら営業の合図です。

なんせ普通の家。わかっていても入るのに、多少勇気が必要。出迎えてくれる店主は中国人女性。日本語は通じますのでご安心を。家の一室がイートインスペースになっています。

メニューは、餃子・豚まん・刀削麺を中心に、ちまき・春巻きも。予約制で牛ハチノス鍋やアヒルの醤油煮などのちょっと変わった料理も食べられる。

どの料理もいきなり行くと時間がかかるので、事前に連絡しておくとスピーディーなんだって。

というわけで、今回は⁡⁡⁡

◎豚肉白菜餃子10個750円
◎刀削麺(950円)

の2点を。刀削麺は1,250円で大盛りにできますが、結構なボリュームだそう。

皮から餡から全て手作りの餃子。中国で餃子が作られる時は白菜の方が多いらしく、ここの餃子も白菜。

写真を見ての通り、焼き目はパリッと。サイズは一口サイズといったところか。

肉汁が出るほどではないがジューシー、かつヘルシーな一品でした。なんぼでも食べられるやつで、普通にテイクアウトもして家で焼きたかった。(この日はすぐ帰れなかったので断念)

山西省の名物で、中国を代表する麺の一つでもある「刀削麺」。

麺はモッチモチ食感。ゴワゴワ感が一切ないので、ずるずると胃の中へ消えていきます。

スープは、だいぶ辛い仕様。「一番辛くないやつで」とお願いしても、口の周りが痺れてくる辛さだった。

でも嫌な辛さじゃなく、酸味もあって美味しい辛さ。食べ終わる頃には、汗だっらだらに。

あと牛肉や


ハチノスがたっぷりなのも良かった。

全体的な満足感もあって、かなり美味しかったー。

注意点としては来店前に必ず電話して営業しているか確認すること。

不定期でお休みにされていることも多いらしい。

あと以前に言っとくと、提供スピードも変わるので電話しておくことを推奨する!

[桜野町にはこんな朝食専門店も]

あわせて読みたい
お母さんが作る優しい味!11/2にオープンした朝食専門店『C mokko』 / 大津市桜野町 ども!ロモア"なんちゃん"です! 2023年11月2日、大津市桜野町にオープンした『C mokko』さんにやってきました! 『C mokko』さんは、看板にある通り"朝ご飯が楽しめる"...

⁡⁡[店名]コンさんの餃子
[住所]滋賀県大津市桜野町2丁目4−1
[営業時間]11:00~ 20:00(※電話予約推奨)
[定休日]不定休(※電話確認推奨)
[駐車場]なし⁡⁡⁡

よかったらシェアしてね!
もくじ