ラーメン

創業は昭和30年。東近江市を代表する古き良きラーメン屋『大島軒』

 

今回は滋賀県東近江市林田町にある「ラーメン大島軒」さんに訪問してきました!

 

この記事を書いた人

ハジメ

[出身]滋賀県東近江市[年齢]31歳[職歴]大阪の広告会社6年(営業兼ライター)⇒自営業(書店)3年(親の代から35年)[趣味]夫婦でYouTubeをやっています!滋賀県のお店様を中心に紹介しています!

そんな「ハジメチャンネル」はコチラから!ぜひチャンネル登録もよろしくお願いします♪

 

 

 「大島軒」の店舗紹介

 

まず「大島軒」の凄い所は、創業昭和30年の超老舗ラーメン店である事でしょう!

創業から今年で66年目を迎えられるのですが、滋賀県内でもそこまで長く営業されているラーメン屋は珍しいです。

屋台ラーメンからのろしを上げて、親子で代を繋ぎ、現在で3代目。 私が知る中で、東近江市で一番歴が長いラーメン店だと思います。

 

 「大島軒」の場所

 

県道421号線沿いにあり、八日市ICより降りて最初の信号を右折して、車で2~3分の位置にあります。

 

 

黄色の看板が目印!

 

 「大島軒」の店内

 

店内は、少し色褪せた赤を基調としたカウンター席とおそらく数十年は使い込んでいるだろう木製のこじんまりとしたテーブル席。

カウンター席のお客さんは店主と会話を楽しんだり、備え付けてあるテレビに視線をやったり。 どこか昭和レトロを感じる”昔ながらのラーメン屋“という趣があります。

ゆったりとした時間が流れる店内でくつろぎながらお食事ができます。

 

 「大島軒」のメニュー

 

 

 

 [注文]味噌ラーメン(700円)

 

それでは早速、食レポしていきます!

大島軒を訪れた方が口を揃えて発するのは、 「昔ながらの味やね!」「どこか懐かしい味やね!」 という言葉。昔ながらの味わいを楽しめ

この日注文したのは、味噌ラーメン(700円)。 ちなみに1年程前まで、600円だった!安ッ!(笑)

 

ご地元のご年配客も多い事から、ラーメン自体の味付けはあっさりとした味わいで、後から味噌のやわらかい風味が来ます。

麺は低加水中細麺でやわらかめの茹で具合。 デフォルトの具材は、「チャーシュー・蒲鉾・もやし・刻み葱」となっています。

中でも”秘伝の特製ダレに5時間ほど煮込んだ”というチャーシューは、しっかりとした味付けになっておりご飯との相性も抜群!コレが本当に美味しかったです!

 

ライス中の盛り具合はこんな感じです! 人によっては、大盛りでは?と感じさせる。お得感ある盛り具合です!笑

 

またライスを頼むと、日替わりでお漬物もついてきますよー!

 

 さいごに

 

今回は滋賀県東近江市林田町にある「ラーメン大島軒」さんのご紹介でした。

およそ66年前から続くラーメン店。(2021年現在) コロナ禍で飲食店を中心に厳しい状況が続く昨今。 大島軒の一杯からは、過去にも幾度とあったであろう風雪を乗り越えたからこそ、今の味に至るのだなあと感じとる事ができました。

私とほぼ同世代の店主が頑張るお店様。是非、今後も最大限のエールをおくり続けていきたいと思います。

本日も美味しいラーメンをご馳走様でした!

また取材のご協力をいただき誠にありがとうございました!

 

[YouTubeにも動画を掲載しています!ぜひご覧ください♪]

 

 お店の情報

店名 大島軒
住所 滋賀県東近江市林田町1294-3
営業時間 [平日]11:00~15:00 17:00~22:30
[土日祝]11:00~~22:30
定休日 月曜日(不定休)

 

 

こちらもよく読まれています!