各界の著名人が訪れる『近江や』で、金賞を受賞した「近江牛たたき丼」を食べてきました / 彦根市

今回編集長”なんちゃん”がやってきたのは、彦根市本町にある『近江や』さん

『近江や』さんは、「近江牛」や「近江鶏」をはじめとする滋賀の食材が堪能できるお店です。

“良質の近江牛をリーズナブルに“ということを追及されており、中でも近江牛の最高級ランクである「A5」のクラシタ(肩の部位)は絶品で、リピーターが殺到するほどなんだとか。

また彦根で300年ほど続いている酒屋さんが運営されていることもあって、お酒の品揃えもバッチリ!こだわりの「日本酒」や「焼酎」、そしてお肉にあうワイン等まで豊富に取り揃えられています。

そんな『近江や』さんで、今回いただいたのは”全国丼グランプリ西日本肉丼部門“で金賞を受賞した「近江牛たたき丼御膳」です。

とろけるほどに柔らかい”近江牛のたたき”がとっても絶品でしたので、ご紹介いたします!

彦根に行った際は、ぜひとも足を運んでみてほしいです。

近江や の場所

お店があるのは、彦根市本町。彦根城へと続き、江戸時代の建造物を再現したショップが立ち並ぶ「夢京橋 キャッスルロ一ド」沿いになります。

ちなみに以前は、「COやんて彦根城下町店」というお店が入っておりましたが、店名を「近江や」に変更して現在に至ります。

[周辺には、絶品モンブランが食べられる”THE HERE COFFEE STAND”もあります]

あわせて読みたい
真っ白なオシャレカフェ「THE HERE COFFEE STAND」の絶品モンブラン / 彦根市   2020年12月5日、彦根市にOPENしたカフェ「THE HERE COFFEE STAND」へ行ってきました!     営業は週末のみ。 搾りたての和栗モンブランが食べられると...

店内には各界の著名人のサインがズラリと…

外観は、古き良き町家。店内も木目調で非常に趣のある雰囲気が広がっていますが、まず入店して驚かされるのはサインの数。各界の著名人が訪れており、その数なんと数百人。サインを飾っているお店には何度も足を運んだことがありますが、その中でも圧倒的です。

ロケだけでなく、プライベートでの来店や打ち上げなどにも使われるそうで、それぐらい”人気”と”信頼”があるという事が分かります。

近江や のメニュー

○近江牛ローストビーフ丼御膳

○近江牛たたき丼御膳 大人気”ひこにゃんの卵焼き”と”A5ランク近江牛”との奇跡のコラボ。「全国丼グランプリ 西日本肉丼部門 金賞」を受賞した一品。

○近江牛ステーキ重御膳

○近江牛 牛丼御膳

○柔らか近江牛の贅沢牛丼

○近江牛ハンバーグ御膳

○近江牛ミンチのハンバーグ

その他、近江牛、近江地鶏を使用した居酒屋メニューも多数あり。(緊急事態宣言中は居酒屋営業は休止中)

金賞受賞!お店オススメの人気メニュー!
彦根の新名物!プリンをチュウチュウ吸って食べ歩き!

近江牛たたき丼 が驚くほどの….

というわけで、『近江牛たたき丼御膳』をいただいていく。メインの他に「味噌汁・サラダ・香物」が付いてきて、お値段は2,068円になります。こちらのメニューは、数量限定となっています。

近江牛のたたきの上には、彦根のゆるキャラ”ひこにゃん”をあしらった卵焼きが!見た目も可愛いですね~♪

そして口に入れた瞬間驚いたのは、お肉の柔らかさ。”とろける”という言葉が一番似合う食べ物といっても過言ではありません。そんなレベル。また甘ダレも絶妙の美味しさで、白ご飯がとにかく進みます。

使用しているお肉は、近江牛の雌肉。雄牛よりも時間がかかるという雌牛は、きめ細かく綺麗なサシ(脂肪)が入るのが大きな特徴。その分、柔らかく肉の甘みもたっぷりと感じることが出来ました!とにかくめちゃくちゃ美味しかったですー!

近江牛葱塩タン焼き も絶品!!

近江牛葱塩タン焼き」もオススメとのことでいただきました。

うわぁぁ、こんなん絶対美味しいやつですやん…

お肉は勿論近江牛の最高ランク。歯応えは抜群で、普通のタンよりも甘みを感じる。なんでも餌には「味噌を練り込んだ藁」をあげているとの事。なるほどー、だからこの美味しさが生まれるわけか。

三成醤油プリン で締める!彦根の新名物が誕生!

最後は、こちらもお店一押しの「三成醤油プリン」で締めていきます。

こちらの「三成醤油プリン」は、本来のプリンの在り方を大きく覆す面白いスイーツ。ケチャップ等の容器にプリン、そしてカラメルソースではなく醤油が使われており、チューブから吸い込むようにして食べていきます。

「近江や」オーナーの若林さん

そもそもは、お店で扱ってきた「彦根職人醤油 石田三成」を使って、 彦根城下を散策しながら食べられるプリンを作れないかと考えたことが始まりだという。プリンは、糀を使って作られたもので、その上からジュレ状になった醤油がかけられています。

口に含むと、中でプリンの甘みと醤油の辛みが混ざり合い、今まで食べたことがないプリンを味わうことが出来ます。

「甘さと辛さ」、この配分がとにかく絶妙で非常に癖になってしまうお味でした。コレを片手に彦根城下を散策なんてのも、素晴らしいかもしれません!

さいごに

今回は、 彦根市本町にある『近江や』さんのご紹介でした!

『近江や』オーナーの若林さん。地元彦根を盛り上げるべく精力的に活動されています。

『近江や』さんは、最高ランクの近江牛をお手頃価格で食べることが出来るお店でした!

どれも美味しかったので、甲乙は付けることは出来ませんが、 中でも「近江牛たたき丼御膳」は絶品でしたね!

わざわざ足を運んでまで、食べたいと思わせてくれます。気になった方は、ぜひ食べに行ってみて下さいね!

その際は、三成醤油プリンもお忘れなく!!

お店の情報

[住所]滋賀県彦根市本町1-6-25
[営業時間]11:30〜15:00(LO14:30) 17:30〜23:00(LO22:30)※緊急事態宣言中は、夜は休業
[定休日] なし
[駐車場]夜間営業時間帯のみ共有30台
[お店のHP・SNS]HP Instagram

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!