創業から約50年。長らく愛される純喫茶『虹』で食べる「エビチートン定食」 / 東近江市小脇町

こんちは!ロモア”なんちゃん”ですっ!

今回は、東近江市小脇町にある『虹』さんのランチをご紹介!

こちらのお店は、創業から約50年にもなる喫茶店。昔ながらのレトロ喫茶で、美味しいランチと自家焙煎のコーヒーが楽しめるんですっ!地元の方はもちろんのこと、市外からも食べに来られるほど。

この店構えに

この色褪せた看板。ん〜、これは惹かれてしまいます。

そんな「虹」があるのは、東近江市小脇町の国道421号線(八風街道)沿い。太郎坊宮前駅から歩いて3分なので、「太郎坊宮」に来た際のランチにもいいかもしれません。

通り過ぎてしまうことも多そうなので、大きい看板を注視しておきましょう。

[東近江市ではこんなパフェも食べられる]

あわせて読みたい
築100年の古民家を改装した日本茶カフェ『茶ろん 坪六』で食べる和パフェ / 東近江市 こんちはー!ロモア”なんちゃん”です! 本日は東近江市宮荘町にある『茶ろん 坪六(@salon_tsuboroku ⁡)』さんへやってきました。 こちらのお店は、明治末期に建てられ...

外観と同じくレトロな店内は、かなりの広さ。この日は平日だったということもあるかもしれませんが、やはりお一人で来られる会社員の方が多かったような気はします。

メニューがこちら。ずらりと並ぶ洋食ラインナップ。定番のハンバーグやエビフライ、チキンカツをはじめ、エビチートンやレインボーといったオリジナル定食も。どれもビジュアルが完璧すぎるんよ。

というわけで、かなり気になった「エビチートン定食」を。お値段は1,050円になります。どうやら令和2年にメニューが改定されているよう。

チートンは、チーズを豚肉で巻いて揚げたフライのこと。そこにエビフライが2尾。メニューの写真よりかは小さく見えましたが、それでもなかなかの重厚感です。(おそらく写真の角度で大きく見えたのかも)

これがまたジューシーで美味しいんですよ。手作りでどこか懐かしさも感じるお味。チーズのまろやかさとトマトソースの酸味も相まって、白ご飯がノンストップで進みました。

エビフライは、自家製タルタルソースで。大きさはやや小ぶりながらも、食感はプリッとしており、こちらも美味。「〇〇産のエビを使っていて…」みたいなことはないのですが、結局こういったシンプルなものが無性に食べたくなったりしますよね。しかもコスパもいいですし。

以前は夜営業もやられていたようですが、現在はお昼だけ。

こういった昔ながらの純喫茶は、どうにか未来に残してもらいたいものです。

気になった方は、ぜひ足を運んでみてねっ!

[東近江市のオススメうどん屋]

あわせて読みたい
歯応えともっちり食感がたまらない。6月にオープンしたうどん屋「うどんノ助」 / 東近江市 ロモアライターの高橋です! 今回は、2022年6月に東近江市幸町にオープンした「うどん ノ助(のすけ)」さんを訪れました。 店主さんは長浜の有名店「うどん馳走 山石...
もくじ

店舗情報

[店名]虹
[住所]滋賀県東近江市小脇町2416-22
[営業時間]11:00~14:00(ご飯無くなり次第終了)
[定休日]無休
[駐車場]あり

よかったらシェアしてね!
もくじ