10/3にランチメニューがリニューアル。『すしとさけ 手水や』のハイコスパ”寿司ランチ” / 大津市京町

こんちは!ロモア”なんちゃん”です!

この日やってきたのは、大津市京町にある『すしとさけ 手水や』さん。

こちらのお店は、2023年1月9日にオープン。寿司職人として30年以上のキャリアを持つ店主の永田さんが営んでいます。

以前、ロモアライターのSariさんが夜営業を紹介してくれていました。

2023年1月撮影

[その時の記事がこちら]

あわせて読みたい
店主は30年以上のキャリアを持つすし職人。1/9にオープンした「すしとさけ 手水や」 / 大津市 こんにちは、ロモアライターのSariです!  2023年1月9日、大津市京町にオープンした「すしとさけ 手水や」(以下手水や)さんへ行ってきました。 店主の永田嘉昭さ...

今回は、かなりハイコスパな”寿司ランチ”が食べられると聞きつけ、ランチタイムに。

たまたま10月3日にランチメニューがリニューアルしていましたので、合わせてご紹介しますっ!

お店があるのは、大津市京町。大津駅から徒歩6分、京阪びわ湖浜大津駅から徒歩8分ほどのところの東海道沿いにあります。

ちなみにこちらの場所では、京町食堂→Cafe Grill 1010と続けて飲食店が営業していました。

店内はこんな感じ。

カウンター席もあるので、一人でのランチも気にならない。

リニューアルされたというランチメニューがこちら。4種類がメインとなっていますね。

以前は”10食限定で1,000円の寿司ランチ”があったようで、これが特に人気だったみたい。

地酒の量もものすごい…。どうやら滋賀県酒造組合に入っている酒蔵のものは全て置いてあるそうだ。

この日は、ランチセットを。寿司4貫に天麩羅、煮物、おばんざい、だし巻き、サラダ、味噌汁がついて、1,200円。

いずれもサイズこそ小さめではありますが、めちゃくちゃ美味しい。メイン以外の煮物やおばんざいが美味しいお店は”ガチのお店“ですね。

握り4貫。どうやら炙り鯖寿司に変更することもできるみたい。

そしてこちらのお店の特有は、シャリに赤酢を使っており茶色なこと。もちろん醤油は用意されていますが、つけずに食べても美味しくいただけます。むしろ無しの方がシャリの美味しさを感じられていい気がする。

出汁巻きも美味しかったので、だし巻き定食も食べたいし、海鮮ちらしも食べたみたい。

こりゃ、再訪必至ですね〜。気になった方はぜひ行ってみてっ!

[京町にはこんな隠れ家パティスリーも]

あわせて読みたい
リピーター続出!大津駅から6分のところにある隠れ家パティスリー『Patisserie Lumiere』 / 大津市京町 ロモアライターの美桜(@mio_food)です! 今日は大津市京町にある『Patisserie Lumiere(パティスリー リュミエール)』さんをご紹介します。 こちらのお店は2017年にオ...
もくじ

店舗情報

情報は掲載当時のもの。営業時間等は変更している可能性がございます。

[店名]すしとさけ手水や
[住所]滋賀県大津市京町1-3-36
[営業時間]12:00〜14:00(LO13:30) 17:30〜23:00(L.O22:00)
[定休日]月曜日
[駐車場]無し(近隣のコインパーキング)
[お店のSNS]Instagram

よかったらシェアしてね!
もくじ