情趣ある古民家カフェ『cafe du MBF』でモーニングはいかが? / 米原市

ロモアライターの高橋です。(過去の執筆記事はこちら

その昔、現在のJR米原駅東口側にあった”米原宿”は北国街道の宿場でした。

北国街道とは、中山道鳥居本から分岐し琵琶湖の東岸から北陸方面につながる道。米原宿は近畿・東海・北陸を結ぶ交通の重要拠点だったわけです。

JRの線路と並行する国道8号線のすぐ東側にある通りながら、現在は往来も少なく辺りはとても静かです。

そんな安穏とした古い家屋が立ち並ぶ北国街道には、レトロな空気感そのものを抱き込んだ素敵な古民家カフェ『cafe du MBF』さんがあります。

“これぞビンテージ”といった骨董的な古い家屋をリノベーション、趣のある落ち着いた雰囲気のカフェとして建物に新たな息吹が吹き込まれています。

店内は外観から想像するよりも奥行きが深く、案内していただいた先にはテラスや庭が!

庭には蔵があり、その佇まいがまた侘び寂びや風情といった味わいをもたらしています。

この蔵なんとオーナー自らによる珈琲豆の焙煎所として、実際に使用されているとのこと。焙煎時の香ばしい香りに満ち満ちた蔵…。想像しただけで美味しい。

さて今回の訪問は朝9時オープンからのモーニングタイム。付近にはモーニングのお店が少ないので、朝活派にとっては大変貴重な存在です。

お天気の不安定な春先、この日は陽射しはあるもののひんやりした風が吹きつけて体感温度を下げる、そんな朝。

入店してすぐに感じた安心感は、風から逃れられたことだけでなく、ノスタルジックな雰囲気のせいかも。

▼モーニングメニュー (9:00〜11:00)

・厚切りトーストセット(¥580)
・ホットドッグセット(¥780)
・たまごドッグセット(¥580)

どのセットも[コーヒー・紅茶・オレンジジュース・トマトジュース]からドリンクが選べます。

また他に野菜サラダ(¥180)ポテトサラダ(¥100)など単品メニューもあり、各セットに追加可能◎

最近は朝、なんとなく落ち着く気がして温かい紅茶を飲むのが習慣になっており、今回はホットドッグセットに紅茶をチョイス。

冷えたカラダにホットティーが優しく染み渡ります。

主役のホットドッグをご覧ください。

両端ともパンから大胆にはみ出すウインナーソーセージが嬉しい。またマスタードが多めで、シャキッと瑞々しいレタスとのバランスも良くとても好み。

ぽってりとしたフォルムのパンはフワフワ過ぎず重過ぎず、でも食べた感はしっかりあり満足。

外側はカリッとした歯触りで中はフワモチ、食感の変化も美味しさのひとつだなと感じました。

最後に「ちょっと苦目の仕上がり」と聞いていたチョコレートをいただきました。

苦味より爽やかな酸味が豊かに残り、間違いなくコーヒーと相性良し!次回は絶対こだわり焙煎コーヒーにしよう。

いつの時代からそこに留まっているのか、秘密基地のような蔵で焙煎される珈琲豆の味わい…。

また訪れる理由と楽しみができた♩激しく後悔していたけれど、そう思うことにしよう。

うららかな春の庭、さりげなく流れるBGM、店員さんの穏やかな笑顔と快い接客も心地よく、ついつい長居してしまいました。

きっとまた次回もそうなっちゃう、それは確信的な予感。

[大津市にこんな焼肉屋がオープン。なんちゃんオススメです]

あわせて読みたい
待望の2号店が膳所に!4/18にオープンした「焼肉夕鶴 膳所店」がやっぱり旨かった / 大津市 ども!ロモア"なんちゃん"です! 2023年4月18日、大津市馬場にオープンした「焼肉夕鶴 膳所店」さんへ行ってきました! 『焼肉夕鶴』といえば、草津市北山田で長らく営...
もくじ

店舗情報

[店名]cafe du MBF
[住所]滋賀県米原市米原661
[営業時間]モーニング(9:00〜11:00)ランチ(11:00〜14:00)カフェ(14:00〜17:00)
[定休日]不定休
[電話]0749-52-5330
[駐車場]20台 
[支払い方法]カード可・電子マネー可
[お店のSNS]Instagram

よかったらシェアしてね!
もくじ