手作り料理が絶品!田園風景の中にポツンとあるカフェ「cafe Fujimitu」へ行ってきました / 大津市

ロモアは、滋賀県のリアルな日常をお届けするローカルメディア。オモロイことが大好きな滋賀県民の編集長が県内のグルメ・観光・イベント情報などを発信しています!
主なメディア実績
・月間75万PV、28万UU
・Instagramフォロワー1.6万人
ここから
・Instagramまとめ専用アカウント
ここから
SmartNewsに掲載中
Googleニュースに掲載中
aumoに掲載中
Yahoo!クリエイターズへの配信スタート
(2022年7月現在)

こんちは!編集長”なんちゃん”です!

今回は、大津市大石東にある「cafe Fujimitu」さんにやってきました!

「cafe Fujimitu」さんは、2016年にオープンしたカフェ。滋賀県で厄除けとして有名な”立木観音”やパワースポットとして知られる”佐久度神社”が近くにあり、お店の辺りは田園風景が広がっています。この辺りを通らない方は気付かないかもしれません。

今回は、そんな「cafe Fujimitu」さんのオススメメニューを何点か食べてきましたのでご紹介しますっ!

店主が作る手作り料理はどれも絶品。お店の雰囲気もとても良く、落ち着いたカフェタイムが過ごせました。

記事最後には、お店から読者さまにプレゼントがありますので、こちらもチェックしてね~!

☟オススメ☟

あわせて読みたい
⁡ワインと料理の最高のペアリング。「Turu no Omotenashi」で”絶品料理”を堪能してきました... ロモアは、滋賀県のリアルな日常をお届けするローカルメディア。オモロイことが大好きな滋賀県民の編集長が県内のグルメ・観光・イベント情報などを発信しています![...
もくじ

cafe Fujimituがある場所

お店があるのは、大津市大石東。国道422号線(宇治川ライン)沿いにあり、冒頭でも記載した通り「立木観音」や「佐久度神社」の近くになります。交通手段としては、車がオススメです。

駐車場は、お店横の脇道を進んだ先にあります。そこまで広くないので、ワンボックス等の大きめの車で来られる方は気を付けましょう。

とっても落ち着く店内

元々、店主の祖母が住んでいた場所を改装して作られた店内。今仕様のオシャレな内装となっていますが、所々昔ながらの良さも残っています。また以前は”掘りごたつ席”だったそうですが、数年前に改装して今のテーブル席に変わりました。

奥にはカウンター席が。優しい雰囲気に包まれた店内で、店主と話しながら過ごす時間はまるで実家に帰ってきたかのような安心感。カウンター席ならではの良さを感じます。

2階ではハーバリウムの教室も!

お店の2階では、ハーバリウムやプリザーブドフラワーの教室も行われており、教室の先生はなんとこちらの店主!

何でもお店がオープンしたきっかけは、教室の生徒や仲間が一休みできる空間を作りたかったことから始まったそう。

店内では実際に作られたものも販売されており、どれも非常に可愛いんですよ。

実際に資格等も取られており、腕はもちろん1流。既製品の購入も出来ますが、オーダーも受けておられるので、プレゼント等で興味ある方は一度お店で聞いてみてください!

メニュー一覧。全て手作り料理!

メニューは、以下の通り。ガッツリ系のランチメニューからスイーツ、そしてランチセットなどを提供されています。ランチだけじゃなく、ランチ後のスイーツタイムとしても使用できますね。

人気のソースかつは、店主が福井県で食べたソースかつがあまりにも美味しかったことに驚き、それが提供するきっかけに。ソースは手作りで、研究を重ねて出来るだけ現地の味を再現しているそう。

(※タップで拡大できます。)

実際に食べてみました

まずは、「古代米のローストビーフランチセット(1,780円)」を。

しっとりと仕上がったローストビーフは、とっても柔らかい。甘辛すぎないタレもGOODです!

古代米には、黒・赤・緑などがあり、コチラのは赤米。赤米には白米の約8倍の食物繊維が入っているそうで、栄養素が非常に高いことから健康志向の方が愛用するお米でもあります。またモチモチ感も特徴的で、ご飯の量は200g弱だそうですが、それ以上の食べ応えを感じました。

もうワンプレートには、たっくさんの野菜が!小鉢は日替わりとなり、この日は夏っぽい”ゴーヤチャンプル”と”紫キャベツ”でした。家庭的な料理が多く、どれも美味しいんですっ!

+200円でスイーツ付きに出来るのですが、+200円のスイーツって言われたらどんなのを想像しますか?

一般的には、アイス等の小さめのものが多いですよね。ただこちらのお店で出てくるのが☟

いやいや、めちゃくちゃボリューミー。笑

女性でも気軽に食べられるようにと、どれも一口サイズ。

全て店主の手作りなのですが、驚きなのは飲食店での勤務経験はないんですって。センスありすぎるやろ。

味が美味しいのはもちろんのこと、見た目も可愛くてかなりハイクオリティです。

ラストは夏季限定の「かき氷」を。こちらは”ほうじ茶”のかき氷となります。上には、”みたらし団子”等がズドンと乗ったド迫力!!!

氷は砂糖水で作られており、フワッとした仕上がりに。甘すぎない手作り餡子とフワッと香るほうじ茶との相性はバッチリです!ほんと和菓子屋が提供するかき氷って感じですね~。ちなみに団子以外は全て手作りだそう。

みたらし団子のたれも甘すぎないので、良い感じなのよ。

食後は珈琲を。珈琲好きのスタッフさんがおられる時は、あらゆる店舗のコーヒー豆を使用した珈琲を飲むことが出来ます。

この日は、瀬田にある「Kaffe TaK」さんのものを使用。ブラックでいただきましたが、非常に飲みやすい味で、後からやってくるコクが最高でした。特にスイーツにバッチリ合いそうです。

どれも美味しかったし、雰囲気も最高だったなあ。

「cafe Fujimitu」さま、ご馳走様でしたっ!

読者さま限定のプレゼントが

「ロモアを見ました」とお店の方に伝えていただくと、”古代米のおはぎ”が無料でプレゼント!モッチモチのおはぎで、自家製あんこも美味しいですよー!この機会にぜひ食べてみてください!

さいごに

今回は、大津市大石東にあるカフェ「cafe Fujimitu」さんのご紹介でした。

店主をはじめ、スタッフの方々も気さくでいい方ばかりで、思わず長居しちゃいそうなお店さんでした。

気になった方は、ぜひ足を運んでみてくださいね~!

本日も最後までありがとうございました!

あわせて読みたい
これ以上知られたくない焼肉屋「肉王」でハイクオリティのお肉を堪能してきました! / 栗東市 ロモアは、滋賀県のリアルな日常をお届けするローカルメディア。オモロイことが大好きな滋賀県民の編集長が県内のグルメ・観光・イベント情報などを発信しています![...

お店の情報

[店名]cafe Fujimitu
[住所]滋賀県大津市大石東6-8-49
[営業時間]11:30〜16:00
[定休日]月・火・木
[駐車場]あり
[お店のHP・SNS]HPInstagram

よかったらシェアしてね!
もくじ